FC2ブログ

ぼく、オナリーマン。

オタク社会人の日常。というかオナニー。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結婚して埋葬してイェイイェイ

先日、名前も知らぬ親戚から電話で「早く結婚しなさいよ」と長々と説教されてしまった。しかも「さっき鮭送ったってお祖母ちゃんに言って」と用件を済ませ、一度は電話を切ってから「さっき言い忘れてたけど」と再TELで。あまりの超展開に受話器を持つ手も震えましたよ。しかし、名も顔も素性もわからぬ親戚のオバハン、心配ご無用です。


このたび、結婚することとなりました。


えー、お相手のことを個人情報等に差しさわりのない範囲で紹介させていただくと、名前は神楽坂潤くんといいまして、無論れっきとした女の子です。僕たちが知り合ったのが高3の頃だと記憶しているから、およそ9年の交際を経て目出度くゴールインとなった次第です。その間、彼女と遊園地に行って一緒にクレープ食べたり、温泉に行って一緒にお風呂に入ったりと、そんなイベントを4度は繰り返しました。夜中に4回は攻略したので間違いありません。普段は男として振舞っている潤くんが、突然女の子の格好をしてデートに現れたときにはさすがに驚き、そして戸惑いもありましたが、そんな困難の壁は愛という名のジャンピングシューズで飛び越えたのです。

幸せいっぱいの僕たちですが、最後に乗り越えなければならない最大の障壁があります…。彼女には戸籍がありません。いわゆる黒核子(ハイヘイズ)です。現在の日本国憲法では、僕と彼女は正式に夫婦としての婚姻関係を認められません。ちょっとした高田延彦状態です。プチ青春エスペランサと言っても過言ではないでしょう。それでも僕は彼女を愛しています。彼女も僕を愛してくれています。それだけで十分なのです。僕たちは一緒のお墓に入ります。この想いを罪だというなら、勝手にそう呼ぶがいい!


とか思いながら、親戚のトークに力無く「はあ」「いや~」「ははは」と生返事を繰り返し、永遠にも感じられた3分間の生き地獄は過ぎていきました。テロかと思った。
  1. 2007/04/16(月) 21:55:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悲しくて | ホーム | 殴り書きバージンロード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fukushimafc.blog87.fc2.com/tb.php/43-5a748dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

オナリーマン

Author:オナリーマン
人生をオナニー中

クリックして下さい
バナー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。